お知らせ

 熊本県高森町で建設中のメガソーラー発電(総出力60MW)の連系所において、
コンクリート基礎の補強筋の一部として、鉄筋同等以上の強度を持つTAFROD®が採用されました。
 連系所に設置する設備機器(リアクター)付近に鉄筋を使用すると、電磁誘導が発生してしまうことや、高電圧による発熱の影響が懸念されます。この対策として、絶縁性、非磁性を有するTAFRODが、電磁誘導を防止するため使用されました。
 また、TAFRODは軽量であるため、配筋作業も容易であったと評価をいただきました。1枚目の写真で黄色の棒がTAFRODです。
 現在、2022年8月運用開始に向け建設中です。



当社アラミド複合材料事業部は2022年1月19日付で
品質マネジメントシステム(ISO 9001:2015)の認証を取得いたしました。

これからも、継続的な運用・改善に努め、
お客様の満足と信頼を高められるよう、努力して参ります。

今後とも、何卒宜しくお願い致します。



認証登録番号:14636
認証範囲  :建材用アラミドFRP製品(ロッド、ケーブル、シート等)の
       設計・開発および製造


用途・実績を更新しましたので
上部バナーの用途・実績よりご覧ください。


とにかく軽い!
絶縁性があることから、感電事故の抑制や電気的ノイズを遮断!

軽 量 :約6kg/0.5㎡(長さ×幅=1.0m×0.5m)
耐荷重 :上記形状で300kgf/㎡以上(たわみ量5mm以内)
高燃焼性:UL規格 V0
非磁性・非電導

 ・ケーブルピットへの配線作業、点検作業の軽減
 ・絶縁性があるため、感電事故の抑制効果
 ・電食などの錆に強い

形状や耐荷重などの詳細情報などお気軽にお問合せください。
また、別の用途でのご利用につきましても、お問合せください。


跳躍実験を行いました。

弊社で最も大きな体格をした社員に跳んでもらいました。
バリバリの現役のバレーボーラーです。



http://www.takeiri-seisakusyo.jp/tafrod/works/entry-162.html